近所の邸宅の取り壊し作業

私の住んでいる所はいわゆる山を切り開いたベッドタウンでして、近所のあちこちにおそらく昔々の先祖代々からこの土地に住んでいるのであろう、お金持ちの邸宅がちらほら建売住宅街の中に混じっています。 そういう邸宅の内、最寄の駅に行くルートにあるとくにでっかいまるで旅館でも開けそうな豪邸が、つい1ヶ月くらいほど前から取り壊し作業に入っていたのですが、昨日通るとついに完全な平地となっていました。 家屋と平地とでは、いわゆる空間把握感覚が違うのか、案外狭い土地だったんだなぁ、と思ったりしなかったり。 一応庭木なんかは残ったままなので、もしかしたら庭木は後で移植する予定なのか、それともここに新しい家を建てるつもりなのかわかりませんが、見慣れた風景が一変して未だに慣れないですね。 ちなみに、そこの家はそれくらいの豪邸なので割としょっちゅう色んな業者が出入りしていたのですが、ある暑い夏の日、玄関先でただのバケツをひっくり返して 「こちらにお座りください」 と張り紙を張っていたのは吹きました。いや、もっとマシなの用意しろよ!と。 なんでそんなことを思い出したのかというと、その平地になって休憩していた解体業者さんの一人が、バケツひっくり返して椅子にしていたので......。 いや、まさか同じヤツではないでしょうが......。転職エージェント選び※外資系で評判の気になるエージェント比較

肉体の消耗と限界

給料、やりがい、休日、拘束時間・・・etc
世の中の仕事はその条件から内容まで本当に多種多様です。それは本当に自分にあった仕事をみつけることの困難さも表しており、そんな現代だからか転職される方もたくさんいらっしゃると思います。
自分は以前は物流関係の肉体労働をしていました。体を動かすのが好きで体力にも自信があったためこの仕事が天職だと思っていた時期もありました。しかしやはり現実はいつも困難を連れてやってきます。長年の肉体労働、超重量の物の運搬を続けていたツケがひどい腰痛という形で帰ってきました。懸命な治療や対策をしたものの次第にこのまま肉体労働を続けるのは困難だと悟ったのが転職のきっかけとなりました。
転職先は色々迷いましたが営業職を選びました。腰の懸念はあるものの、どんな形でもやはり体を動かす仕事がしたかったからです。今までの肉体労働とはまったく違う世界でしたが自分になかった能力(セールストークなど)が身についていくのが日々実感でき充実した日々を過ごせています。
色々心が折られそうになることもありますが転職してよかったなと今ではそう思っています。給料、やりがい、休日、拘束時間・・・etc
世の中の仕事はその条件から内容まで本当に多種多様です。それは本当に自分にあった仕事をみつけることの困難さも表しており、そんな現代だからか転職される方もたくさんいらっしゃると思います。
自分は以前は物流関係の肉体労働をしていました。体を動かすのが好きで体力にも自信があったためこの仕事が天職だと思っていた時期もありました。しかしやはり現実はいつも困難を連れてやってきます。長年の肉体労働、超重量の物の運搬を続けていたツケがひどい腰痛という形で帰ってきました。懸命な治療や対策をしたものの次第にこのまま肉体労働を続けるのは困難だと悟ったのが転職のきっかけとなりました。
転職先は色々迷いましたが営業職を選びました。腰の懸念はあるものの、どんな形でもやはり体を動かす仕事がしたかったからです。今までの肉体労働とはまったく違う世界でしたが自分になかった能力(セールストークなど)が身についていくのが日々実感でき充実した日々を過ごせています。
色々心が折られそうになることもありますが転職してよかったなと今ではそう思っています。給料、やりがい、休日、拘束時間・・・etc
世の中の仕事はその条件から内容まで本当に多種多様です。それは本当に自分にあった仕事をみつけることの困難さも表しており、そんな現代だからか転職される方もたくさんいらっしゃると思います。
自分は以前は物流関係の肉体労働をしていました。体を動かすのが好きで体力にも自信があったためこの仕事が天職だと思っていた時期もありました。しかしやはり現実はいつも困難を連れてやってきます。長年の肉体労働、超重量の物の運搬を続けていたツケがひどい腰痛という形で帰ってきました。懸命な治療や対策をしたものの次第にこのまま肉体労働を続けるのは困難だと悟ったのが転職のきっかけとなりました。
転職先は色々迷いましたが営業職を選びました。腰の懸念はあるものの、どんな形でもやはり体を動かす仕事がしたかったからです。今までの肉体労働とはまったく違う世界でしたが自分になかった能力(セールストークなど)が身についていくのが日々実感でき充実した日々を過ごせています。
色々心が折られそうになることもありますが転職してよかったなと今ではそう思っています。